SNSを活用した選挙戦

明日から衆議院選挙が始まります。

2013年にネット選挙が解禁されて2回目の選挙。

演説の様子をSNSでアップしたり、SNSの反応をみて、

演説の内容に変化を加えたりされているそうです。

有権者の声に耳を傾け、他の候補者との違いを明確に伝えて、

選ばれるためにアナログ・デジタルで接触を続ける。

『選ばれる』という意味では、企業の商品・サービスも同様。

選挙のSNS活用は、企業活用の応用の参考になりますね。

 

【参照】

https://www.nishinippon.co.jp/sp/nnp/representatives_election_2017_fukuoka/article/364278/